地崎商事株式会社
 

会社概要
商品案内
営業所一覧
採用情報
商品案内

HOME > 商品案内 > 鋼製型枠リース


鋼製型枠リース

シェークブロック

特徴
次へ

安定性抜群

シェークブロックは、ブロックの相互のかみ合わせが良いので、波力また

は流水に対する安定性が優れています。

消波減勢効果大

シェークブロックは平面構成によるブロックでありブロック相互間の間隙、

またその表面粗度により、波による水粒子の運動を攪乱し、そのエネル

ギーを吸収・分散させ、大きな消波減勢効果を得る事が出来ます。

経済的である

@ 空隙率が比較的大きい

シェークブロック(2.0t〜50.0t型)の空隙率2層整積で55%、乱積で

56%ですが構造物の目的に応じてブロックの組合せを変えて種々空隙

率に調整でき、従って最も効果的・経済的な断面を得ることが出来ます。

A 型枠面積が比較的小さく、それだけ製作コストを低減できます。

製造工程が容易

鳧舞漁港

神恵内村赤石地区

諸元表

シェークブロック

大型シェークブロック

載頭シェークブロック


サーフブロック

特徴
次へ

平面正方形で、中央部に凹部を形成するため、ブロック相互間で

種々の嵌合関係から、構造物の一体化が図られる。

上面に形成した断面鋸歯状の部分と透孔の部分で、波の遡上を

減勢させ、また河川の流速の緩和を促す構造である。

海岸の景観及びレクレーションの場としての海岸利用(環境整備事

業)対処すべく、護岸・傾斜堤においては階段を構成することが出来

 

る。

重心が低く、底面四隅に短脚部、内部に六角状の孔部を設けてあるた

め、抑圧力の軽減から波や流れに対し、根固め効果があり安定であ

 

る。


登別海岸

用途

港湾・漁港/混成堤マウンド被覆工、傾斜堤被覆工、根固工

海岸/緩傾斜護岸工、離岸堤基礎工、根固工、突堤工

河川/床固工、根固工、水叩工、護床工、帯工

水産/海草礁、漁礁


タインブロック

特徴

直立の消波構造体である。

タインブロック工法は、直立の消波機能をもつ構造体を築造することがで

き、その結果進入波の反射を低減させ港内の静音度を高め、物揚場、岸

壁等の利用度を高める。

安定性が大きい。

タインブロックは後部凹凸が充分に効力を発揮することと、ブロックを千

鳥に積上げるため、一体性を保持するのできわめて安定である。

大中漁港

反射率が小さい。

消波機能を有する部分の空隙率はおよそ54%であり、波はその空隙部を上下、左右前後に分散吸収される

ので、消波性が高く反射率が小さい。

施工が容易である。

構造が単純で製作し易く、又、上下のブロックは凹凸部を嵌合させながら順次積上がり施工も能率的である。

経済的である。

直立堤であるから台形断面の堤体と比較して断面が小さくなり、工費の節減ができる。

防舷材取付けは特殊タイプのブロックを必要としない。

小型漁船の開口部への突込みの危険性が少ない。

垂壁の設置

斜め入射波による遊水部内での横の流れを減少させるため、ブロック中央部に垂壁を設け、且つ反射効率の

向上と、波の衝突音の減少効果を計りました。


用途

港内の場合

係船岸

岸壁、物揚場、その他係留施設

護岸

航路護岸等

防波堤

湾内・港内防波堤、波除堤

桟  橋

港外の場合

埋立護岸

型式による用途区分

A型

主として岸壁用

B型

主として防波堤用

透過型

主として防波堤・波除堤・桟橋


地崎商事 鋼製型枠リース お問い合わせ 札幌市中央区

お問い合わせプライバシーポリシー